ウマはホース(21):アイリッシュ・ドラフト

今回はアイルランドの馬であるアイリッシュ・ドラフト(Irish Draft)である。画像はここ。

アイルランドの重量馬、「田舎の馬」はアイルランドの小農家であらゆる作業に使われていた。速くはないが騎乗できる馬であり、クロスカントリーで遭遇する厄介な障害物を切り抜ける能力を身につけてきた。サラブレッドとの交配で世界最強のクロスカントリー・ホース、Irish hunterとなった。またこの交配で品評会や主たる乗馬分野で成功を納める馬となった。

12世紀になって在来種のサイズはフランスやフランドルの大型の馬の影響で増加した。体形はその後にスペイン馬の影響で改良された。アイルランドの石灰岩の牧草地と温暖な気候がこの品種の骨格や資質に貢献している。

アイリッシュ・ドラフトは穏やかな気質を持った生まれながらジャンパー競技選手であり、すごく手の掛からない馬である。

ウマはホース(20):クリーブランド・ベイ

英国の最後の馬としてクリーブランド・ベイ(Cleveland Bay)を取り上げる。画像はここ

クリーブランド・ベイは英国の最古で最も純粋な固有種であり、18、19世紀にはヨーロッパ中の馬たちの改良のために用いされた。大英帝国では300年以上も宮廷御用達の栄誉を享受していた。純粋種の牝馬が不足していることから英国のRare Breeds Trust協会はクリーブランド・ベイの状況を「深刻」と認定した。

この品種は中世において北イングランド、クリーブランドの行商人(chapman)たちによって運搬用の馬として使われていた鹿毛の馬たちから進化した(それ故それらの馬はChapman horseと呼ばれている)。17世紀にスペイン馬の影響があったことを別にすると、この馬は外部からの影響を受けていない。この結果は馬車牽引用の強力で、酷い沼地の作業や過酷な条件で多くの人を運ぶことができる馬を実現した。

この品種は長寿で、顕著に優性遺伝で、大きさ、骨格、体型の強靭さを伝えており、サラブレッドの交配ではジャンプの能力を常に示している。この馬は馬車牽引用の堂々たる馬であり、宮廷厩舎のようなところで飼育されている。

 

 

 

ウマはホース(19):ハクニー

今回取り上げる馬はこれも英国のハクニー(Hackney)。画像はここ

現生のハクニーは国際的な馬車競技で優秀な成績を得ているが、最も見栄えのする催馬車用の馬である。この馬は有名なノーフォークやヨークシャー・ロードスターから派生した英国固有の品種であり、アメリカ、南アフリカ、オーストラリアはもとより全ヨーロッパ中に輸出されている。1886年の創設されたハクニー・ホース協会(Hackney Horse Society)に因る最初の文字を大文字にしたハクニー(Hackney)の名前の由来は疑問のままである。これは「駄馬」や「去勢馬」を表すフランス語のhaqueneeによるのかもしれない。小文字で始まるハクニーは中年以上の乗用馬を表現するとき用いられる。

ノーフォークやヨークシャー・ロードスターは馬車用の馬と同様に騎乗用の馬としても用いられ、重い荷重で26-27km/hという速度で長距離を走ることができた。この品種の主な特徴は華麗な高く流れるような脚の運びにある。この協会の標準仕様によれば、「最高の状態では、無理なく、自動的に、きびきびした….」

 

馬に関する格言(4)

  • 天国に吹く風は馬の両耳の間のぬける風。

    アラビアの諺

  • 馬に代わる内部エンジンの代替は人類の進歩における輝かしい出来事だ。

    Winston Churchill

  • 国民として本について何をしたいか?公立であれ私立であれ図書館で過ごす時間は馬と過ごす時間と比較したらどの位だとお思いですか?

    John Ruskin

  • そして神は南風を腕一杯捕まえ、それに息を吹き掛け馬を創った。….そなたは翼が無くとも空を飛び、武器が無くとも勝利する。

    ベドウィンの神話

馬に関する格言(3)

  • 馬の背で過ごす時間は人生の無駄にはならない。

    Winston Churchill

  • 馬を見ればその人がわかる。

    読み人しらず

  • 馬は神からの贈り物。

    アラビアの諺

  • 神は私が馬のいない天国に向うことを禁じられた。

    R.B.Cunninghame Graham

馬に関する格言(2)

  • 私は馬の胴体の前後を常に言い当てることができるが、それ以外は私の馬術で非凡なものは何もない。

    Mark Twain

  • 一頭の馬はその乗り手たちより価値がある。

    スペインの諺

  • 馬に乗ることは大空を翔ることである。

    読み人しらず

  • 願望が馬ならこじきも馬に乗れる。

    英国の諺

馬に関する格言

馬に関する格言をいくつか。

      • 馬と詩人は養わなければならない。しかし与えすぎはよくない。

        シャルル九世

      • 一頭の馬が教えるほどに乗馬を教えることは誰もできない。

      C.S. Lewis

      • 人の内面に訴える何かが馬の外面にある。

      Winston Churchill

       

猫に関する格言

ネットワークが不調でここ2,3日記事をかけなかったが
フランスで出会った猫たち」(レイチェル・マッケナ)を眺めていて見つけた猫に関する格言を紹介したい。

(1)猫は毛皮と着たディレッタントだ。
デオフィル・ゴーチェ

(2)猫は書斎の虎だ。
ヴィクトリ・ユゴー

(3)数多くの哲学者と数多くの猫を研究した。
猫の知恵のほうが果てしなくすぐれている。
イポリット・アドルフ・テーヌ

(4)猫は地上に降り立った精だと私は信じている。
猫なら雲の上だって足を踏み外さずに歩けるはずだ。
ジュール・ヴェルヌ

(5)他の動物はすべて眠るときには疲れきった様子で横たわるのもだ。猫だけが自然から特権を与えられている。詩人であればそれほど現実をねじまげることなく、その眠りを瞑想や夢想と描写するだろう。
マリウス・ヴァジョン

(6)神は虎を愛撫するという喜びを人類の与えるために猫をつくった。
フェルナン・メリー

(7)まどろむ小さな猫。それは美の完璧な姿。
ジュール・シャンフリー

つがる市の「馬市祭り」と「馬ねぶた」

今朝の東北地方のニュースでつがる市で行われた「馬市祭り」と「馬ねぶた」が取り上げられていた。

つがる市のホームページの説明によれば、

明治36年より木造(きづくり)地区で始まった馬のせり市は大変な賑わいで、東北三大馬市に数えられるほど有名でした。しかし、近代化の波で農業の機械化が進むにつれて農耕馬が減少し、馬市は次第に衰退していきます。そこで昭和50年、馬にちなんだ祭り行事として「馬市まつり」が始まりました。

馬市まつりは8月下旬に3日間(今年は8月23日(金)~25日(日))開催され、よさこいや上原げんと杯のど自慢大会など多彩な催しで賑わいます。最終日には、趣向を凝らしたパフォーマンスや仮装をしながら馬ねぶたをひいて木造中心商店街を練り歩く「馬ねぶたパレード」が行われます。