司馬遷(しばせん)の偉大さ

漢の武帝の時代(紀元前100年ごろ)の宮廷の記録係り(太史令)である父、司馬談の後を継いだ司馬遷は太史令となった八年目に皇帝の前に召しだされて李陵(りりょう)の敗戦について意見を求められた。

この李陵は将軍で、李広利(りこうり)将軍とともに匈奴に対して軍事行動を展開した。この李広利将軍は武帝の皇后の兄でそのことで将軍に任命された人物であった。李広利は三万の軍を率いたが、李陵はたった五千の兵を率いて囮部隊の役割を果した。案の定匈奴は八万騎でこの囮部隊に襲い掛かった。この戦いで李陵は善戦したが捕虜になった。しかし囮部隊としての任務は十二分に果たした。

司馬遷はこの李陵の敗戦について意見を求められた。

「このたびの戦い、ひとり李陵のみが孤軍奮闘せしことを、ご明察ねがいあげます。」これが司馬遷の結論であった。

これに対して李広利将軍を評価しない意見だとして怒った武帝は司馬遷を酷い刑罰(宮刑)にかけた。これは司馬遷にとっては死にもあたいする刑罰であった。

司馬遷はこの酷い境遇の中で中国の歴史を書いた。これが「史記」である。百三十編、五十二万六千五百文字の大著である。

それにしても時の権力者は酷いことをするものだ。

 

 

元号の起源について

小説十八史略」(陳舜臣)に以下のような記述がある:

「文帝の十六年(紀元前164年)に、瑞兆ともいうべき玉杯が発見された。その玉杯には『人王延寿』というめでたい文字が彫られていた。宮廷に出入りしていた、いかさま占い師の新恒平というものが、すこし前から
ー瑞兆の玉器が近くあらわれるでしょう。
と、予言していたのである。
はたして、めでたい玉杯があらわれたので、それを記念して、文帝は
ー来年から後元(こうげん)と改元しよう。
といったのである」

これが元号の第一号である。

しかもこの話には付録が付く。実はこの玉杯はいかさまであることが判明し、新恒平は処刑される。いまさらまた改元もできないのでこの元号を使い続けた、という。
「元号は誕生のときから、いささか胡散臭いものだったのである。」と著者は結んでいる。

青竜・朱雀・白虎・玄武

中国では黄色が最も貴い色とされていて中心にくる。これは黄河の色かな?

それを囲んで四つ色がある。方向にもあてられ、その守護神獣が決まっている。それが表題の青竜(せいりゅう)・朱雀(しゅじゃく)・白虎(びゃっこ)・玄武(げんぶ)である。

青は東で、季節は春、神は青竜

赤は南で、季節は夏、神は朱雀

白は西で、季節は秋、神は白虎

黒は北で、季節は冬、神は玄武

となる。

青春はこの「青は東で、季節は春、神は青竜」から来ている。

磋呼、燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

秦の終わりころの陳勝(ちんしょう)の名文句である。

またかれは

「王候将相(おうこうしょうそう)、なんぞ種(しゅ)あらんや」

つまり権力の中枢にある人々は生まれながらにそれになる人種が決まっているわけではないぞ、という意味。

小説十八史略」(陳舜臣)から。

また同じ「陳勝呉広」の節に

「星々の火、以(もつ)て原を燎(や)く可(べ)し」という」という興味ある諺が載っていた。

 

馬子草(まごそ)温泉

阿蘇付近の馬子唄を調べていたら、面白い名前の温泉に出会った。

名前も面白いが温泉の質もいいらしい。

こんな説明があった:

飯田高原の中央にある馬子草(まごそ)温泉は、加温・加水をしていない源泉掛け流しの温泉です。黄色のにごり湯で、肌がしっとりするくらいやわらかなお湯は皮膚病、火傷、関節痛などに効果があり、飲用することで糖尿病や肝臓病、胃腸にも効くと言われています。泉質のよさはもちろん、くじゅう連山をパノラマで見ることができる露天風呂の景色が最大の魅力。広々した湯船からは、硫黄山のモクモクと立ち上がる白い煙や、青々した草が広がる高原が望めます。

菅原道真と屈原

この二人には共通点がおおい。歌人や詩人であったが当時の政治に深く関与し、二人とも政治的に対立する勢力の陰謀によって左遷・追放された。しかも亡くなった後に怨霊になった点も共通している。菅原道真はその怨霊を鎮めるために天満宮にまつられ、屈原が自殺した五月五日にはその死を悼んで人々は竹筒に米を入れて水に流した。

屈原は中国戦国時代(起源前300年ごろ)の人であり、菅原道真は十世紀の人であり、千年以上も離れているがひとは同じようなことを繰り返すものだ。

The big book of cats

The big book of catsという楽しい猫の写真集がある。

その中に前肢をきちんと揃えて、尻尾をくるリとその前肢に巻きつけた端整なねこの写真があった。以前これと同じような写真を撮ったことがあるので、その写真を載せておく。モデルは我が家の猫「にっこ」くんである。

ねこ
几帳面なねこ

権現思想について

日本密教の本を読んでいたら密教の日本的な展開の上で「権現思想」が大きな役割を果たしていることが分った。

その権現思想とは

仏教が輸入され従来の日本の神々と競合し仏教が優位にたってくる状況で、仏教の仏と日本の神々と折り合いが付けられた。日本の神々は仏教の仏が変化したものであるという発想である。これが「権現」である。この発想は奈良時代にもうあったもので、平安時代の「本地垂迹(ほんちすいじゃく)説」の萌芽である。

この権現思想は山嶽信仰で重要になる。例えば、大峯山の本尊は「蔵王権現」(ざおうごんげん)である。この権現は「金剛蔵王権現」(こんごうざおうごんげん)が正確な名前である。

宮城と山形の間にある蔵王山(ざおうさん)の名前の起源もこの「蔵王権現」のように思われる。

猫に関する格言

ネットワークが不調でここ2,3日記事をかけなかったが
フランスで出会った猫たち」(レイチェル・マッケナ)を眺めていて見つけた猫に関する格言を紹介したい。

(1)猫は毛皮と着たディレッタントだ。
デオフィル・ゴーチェ

(2)猫は書斎の虎だ。
ヴィクトリ・ユゴー

(3)数多くの哲学者と数多くの猫を研究した。
猫の知恵のほうが果てしなくすぐれている。
イポリット・アドルフ・テーヌ

(4)猫は地上に降り立った精だと私は信じている。
猫なら雲の上だって足を踏み外さずに歩けるはずだ。
ジュール・ヴェルヌ

(5)他の動物はすべて眠るときには疲れきった様子で横たわるのもだ。猫だけが自然から特権を与えられている。詩人であればそれほど現実をねじまげることなく、その眠りを瞑想や夢想と描写するだろう。
マリウス・ヴァジョン

(6)神は虎を愛撫するという喜びを人類の与えるために猫をつくった。
フェルナン・メリー

(7)まどろむ小さな猫。それは美の完璧な姿。
ジュール・シャンフリー