多様なポニーたち(8):ソーライア

今回はポルトガルのポニーであるソーライア(Sorraia)。画像はここ

ヨーロッパで最初の家畜化されたウマはイベリア半島のウマたちであると考えられている。それらの初期のウマ科の後裔たちをスペインやポルトガルで見つけることができる。このソーライアもその一つで体毛の色と体型は原始的なウマのターパンにそっくりである。

ソーライアはソル川とライア川の間の平原に生息していた。そして一時期には有名なアンドラダ一族は野生の状態でこれを飼育していた。北アフリカのバルブ種(barb)強い影響が嘗てあったこの野生状態の飼育は名声高いスペインのウマの生産に貢献した。

数世紀の間ソーライアは地元のカウボーイや軽い農作業に使われてきた。嘗ては何の変哲もない馬であると考えられてきたが、大きな重い頭や尾のある位置が低いなど全ての面でソーライアは野生の祖先の原始的な力強さを残している。

カテゴリー

One Reply to “多様なポニーたち(8):ソーライア”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です